暴力騒ぎに辟易


連日全国ニュースで報道されている駒大苫小牧の暴力ネタですが、ハッキリ言って「いい加減にしろ」という感じですわ。
だいたい、この手の問題って必ず「レギュラーになれなかった生徒(又はその親)の妬み」から発生しているので、本当に暴力と言われるほどの事があったのかどうかも怪しいのですよ。 今回も、当初は30〜40発殴られたとか言っていたのに今は20発と言うところまで暴落しているわけで、殴られたとされる生徒の親の言い分も信憑性が疑われる状況な訳です。 最近の報道では周囲にいた多数の生徒の話として「問題の生徒が反抗的な態度を取ったので3〜4発平手打ちをしていた」という話も出てきています。
そもそも、大方話が一致しているところとしては問題の生徒は部長とされる方の注意を聞き入れず反抗的態度を取り続けていたようですので、社会生活をしていく上で多少の問題がある生徒だったのでしょう。 そう言った意味では家庭の躾も不十分だった可能性もあるわけで、そう言った事を棚に上げて「xx発殴られた。謝罪しろ。」というのは本末転倒だと言わざるを得ないのです。
現在、殴られたとされる生徒は病院で診断書を書いてもらっているとの事ですが、その病院も何やら弁護士の紹介だとかで診断書の内容に関する信憑性すら疑われる話ですよ。 だいたい、何故いきなり弁護士が出てくるのかも判らないし、何故優勝が決定するまで沈黙していたのかも判らないのです。 ここまで来ると、本当に単なる妬みとしか思えないわけで、いい加減マスコミも面白可笑しく親の話を中心に作り上げるのではなく、冷静な取材と報道をして欲しいと思います。
最近、本当に多いなぁと思うのは今回の親のように「何が何でも自分の子供は悪くない。手を出したお前が悪い。」と主張される自己中心的な親が多いという事。 自分で躾もろくにできないクセに「何言ってんの?」という感じがするのだが、マスコミは絶対に本質的な所は取り上げないので、結局そういった親がのさばる結果になっているのですよ。 いろんなダメ人間が、そういった親がいる事で発生しているという事をキチンと報道して欲しいと切に願うのです。
ホント、今回の事件もそうだけど「一方的に攻めるマスコミ&被害者面したヤツに対する何も考えずに頭を下げ続けるお偉いさん」という構図は見飽きたので、もうそろそろ本質を突いたマスコミに現れて欲しいと思う今日この頃です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です