お役所には無理なんじゃない?


郵政公社、トヨタ式に混乱 指導社員「上辺のみ改善」」(asahi.com)
ハッキリ言ってヌルマユお役所の郵政公社職員には民間企業の厳しさを受け入れる事なんて出来るわけないじゃん。 再配達とか持ち戻り郵便物を取りにいったりとか、郵政公社と関わるたびに思います。 問題点は今までも何度か書いてきたけれど、一番酷さが見えるのは郵便物を取りにいったときの窓口の対応。
窓口から中の様子が見えるのだが、暇そうにしている職員が居ても直ぐに飛んでこないし、郵便物を探すのも時間かかりすぎ!って感じることがある。 それは、ある意味怠け癖が付いている職員が居たり、保管されているものの状態がキチンと整理されていないとか効率化を阻害する要因がいっぱいあるからだ。
また以前あったのは、郵便物を窓口で受け取る際に身分証明書(免許証など)を見せるのだが、そこに記載され居ている内容をメモする際に「文字が読めない」とか言っているバカ者はいる(文字が読めないヤツを窓口に出すな!)し、必要事項以外(免許証番号)のことまでメモ取っているヤツが居たりと、本当に教育がなっていない。
記事によると、何だかんだと理由を付けて効率の低下を主張する輩がいるそうだが、そんな連中は単に怠け癖が付いていて新しいことに取り組もうとしないだけの単なる文句たれでしか過ぎないと思う。 まぁ、そのうち組合が動いて「効率化を阻害する」ような事を始める事態になるのだろうが、そんなバカの連中のために税金を投入するなんてもってのほかだと思うよ。
ここは一気に国の金を使わずに民営化して、潰してしまえば良いんですよ。 ぐうたら郵政なんて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です