2021年を振り返って


2021年も新型コロナの流行に振り回された一年になりました。特に、第五波(6月中旬〜10月上旬)は45都府県で過去最多の感染者数を記録するなど、猛威を振るいました。そんな中、会社の方も大きな変革を余儀なく求められた一年となりました。そんな一年の中から幾つか取り上げてみたいと思います。

  1. ライブ参戦が復活するも…
    昨年消滅したライブ参戦ですが今年は復活しまして、7月のチャラン・ポ・ランタン、8月の土岐麻子さんとHONEBONE、11月のHONEBONEと加藤伎乃さんと。5件のライブに参戦しました。ただ、残念ながら地元で参戦できたライブは8月の2件のみで、残り3件は東京遠征となりました。また、年末にかけて来年のツアーを発表するアーティストが出てきましたが、地元はスルーというツアーばかりで再びライブ参戦が消滅する可能性が出てきました。いろいろ会場の収容人数の制約が続く中では旅費交通費が多くかかる地域でのライブは、例えメジャーアーティストであっても難しいという事なのでしょう。残念でなりません。
  2. 会社の転換点
    2011年から法人としてやってきた会社ですが、なかなか新規顧客が掴めない状況が続いており、残念ながら一旦休業とした上で個人事業として継続することになりました。やはり、法人を維持するのには様々なコストや税負担があり、低売上の中では維持が困難との結論に達しました。一旦、個人事業に移管してコスト削減を図り、体力が付いたところで法人での営業再開を目指すことになりました。
  3. 会社の備品を借りパクされた
    知り合いのタブレットが壊れたという事で短期で会社のタブレットを貸したのですが、事情があって返還を求めたところ「個人情報ガ〜」と意味不明のことを言われ返却に応じてもらえませんでした。先方から買取りを打診されたので検討結果を返したのですが、音信不通となり支払も頂いておりません。結局、回収不能金として会計処理をせざるを得ませんでした。
  4. 裏切り
    以前からリスナーとして応援してきた配信者さんから「マネジメントして欲しい」との申し入れがあり昨年設立したライバー事務所に、今年になってようやく所属頂けたのですが、難癖を付けられて約1ヶ月で契約解除となりました。その後、前項に記載した事態となり、配信で誹謗中傷を受けるなど最悪の展開となりました。しっかりと人となりを見極めて支援すべきだったと反省しております。
  5. 新型コロナワクチン接種と接種証明書
    今年初頭から始まった新型コロナワクチン接種ですが、感染した時に重症化リスクがある既往症があるため若干早めに接種することが出来まして、8月1日に2回目の接種を完了しています。そして、12月20日に政府のワクチン接種証明書アプリがリリースされたのを受けて早速登録してみたのですが、その時にVRS(ワクチン接種記録システム)に2回目の接種日が誤って1ヶ月ずれて登録されていることが判明したので、正しい情報に修正依頼中です。このままでは3回目の接種が約1ヶ月遅れになってしまうので。
  6. こんな感じでしょうか。一年通してみると前半は若干好調だったものの、後半は非常に低調な感じになりました。いろいろ大きく舵を切ったものもありますので来年は上昇に転じますように…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です