事務所投げが横行すれば配信サイトは衰退する


2020年初頭からの新型コロナ禍の中で、配信サイトにて配信を行う「ライバー」が増加しているのは御存知かと思います。特に、緊急事態宣言等で客足が大幅に減っている「夜の街」で働く人達の流入が目立ちます。

そんな中、ある配信サイトにて「事務所投げ」が非常に目立つようになってきました。

「事務所投げ」自体は、ある事務所が昨年初頭くらいから始めたみたいですが、最近は「事務所投げ」を公然と行う事務所が増えてきて、イベント上位が「事務所投げ」勢で占められる事態を招いています。酷い時には事務所の代表だけで獲得ポイントの95%近くを投げている事例も見かけたりします。

そんな状況では一般のリスナーの課金意欲が減退し、全体的に有料アイテムが飛ばなくなってしまいます。実際、「事務所投げ」勢以外の獲得ポイントを見ると昨年同期比で大幅に減っているのが見て取れます。

こんな事を続けていれば配信サイト自体が衰退していくのは火を見るよりも明らかです。

しかも、最悪なのは「事務所投げ」が配信サイトの運営公認だという事ですね。参考のスクリーンショットを貼っておきます。

しっかりした配信サイトでは「事務所投げ」が明確に禁止されているところもあります。が、禁止していない所が多いかもしれません。

運営が適切に規制をしない限りは「事務所投げ」が無くなることはないでしょうし、一般のリスナーの課金意欲が向上することもないでしょう。特に新型コロナ禍では生活に困っている人も増え、配信に限らずスマホアプリに課金する余力が無くなってきているのが実態だと思います。

配信サイトに関しては、いよいよ利用者による選別が行われ淘汰が進むかもしれませんね。来年の今頃が楽しみです。

ちなみに、私も課金意欲が急速に減退していまして、配信サイトにはほぼ課金しなくなりました。一昨年比で99%ダウンです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です