日がな一日配信している事務所の代表って…


某配信プラットフォームは公式プロダクションのリストが誰でも見られるようになっていて、各プロダクションに何人所属しているのかも判るようになっています。それが良いのかどうかは別として。

で、とても気になるのが所属ライバーが数十人規模のプロダクションの代表が日がな一日配信している事。

まあ、それくらいの大人数の面倒を見るとなるとマネージャーを社員として何人も採用しているのでしょうけどね。まさか、代表一人で面倒を見ているとは思えないですし、ずっと配信していたら面倒を見る時間もないでしょうし。さすが、大きいプロダクションは違うなあというのが感想です。はい。

僕が経営している会社のプロダクション事業部では、当面は僕一人で所属ライバー全員を面倒を見る事になるし、本業の方(情報セキュリティコンサルティング・情報システムコンサルティング)があるので配信の時間は取れても月に3〜4回(各1時間)程度ですね。当然、所属ライバーは数名程度に抑えます。

でも、数十人規模のプロダクションで事務所投げ(事務所のメンバーが所属ライバーに課金アイテムを投げる事)をしていたら売上がアイテムに化けて出ていくわけですし、マネージャーを社員で雇えるような利益を上げる事が出来るのだろうかという疑問があるのは内緒です。まあ、そういう事ですよね。

別の配信プラットフォームの公式プロダクションの代表は配信とは無縁そうな人がいたりしましたけど、そういう方は利益率にこだわりを持っていたようなので、それはそれで…って事なのでしょう。

配信業界。闇が深いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です