Smart J:COM BoxはHUMAX製へリプレイスすることに


先週の月曜日に設置されたHUMAX製Smart J:COM Boxは設置5日目にブラックアウトしただけで、その後はリモコンの動作不具合以外に問題は見られなかった。リモコンの不具合については本体リセットしても直らないと言う事は、個体の問題という可能性もある。

ただ、懸念事項はブラックアウト現象が「ウチのテレビでしか出ていない」という事。これでは、根本対策はして貰えない可能性がある。まぁ、数日に1回本体リセットすれば良いだけなら、今までの実質的に視聴困難という事態よりは全然良いわけですが…

本日夕方にJ:COMから電話。

料金については「パイオニア製Smart J:COM Boxの問題と確定したわけでは無いので全額返金は難しいのですが…」との事でしたが、それなりの配慮を頂けました。その後、本ブログに「J:COM タブレット 視聴できない」みたいなキーワードで辿り着くことが多いですよって話をして、少々情報交換をした。

以前も書いたけど、コールセンターのオペレータがIさんに固定になってから一気に話が解決に向かったので、感謝の意を伝えて欲しいとお話をした。彼がいなければ、全く先へ進まない可能性もあったわけで、本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。彼は若そうなので、きっとまだまだ成長するよ。

ということで、最後にまとめ。

J:COMはブラックアウト問題に関してSmart J:COM Boxの不具合であることを認めたわけでは無い。可能性すら認めたわけでは無いので、今後改善されるかというと改善されない可能性が高いだろう。ただ、世の中にはHDMI搭載初期のテレビを使っている家庭もあるわけで、そういった環境を中古テレビを入手して構築することも必要ではないかと思う。そうしないと、あちらでは「絶対に再現しない」訳であって、改善されることも無い訳なのだから。そういった対応も、電気通信事業者としての責務であると思うんだよねぇ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です