佐川遅便のクソタレが!


ここには書かない事もあったんですが、これで3度目の遅配です。 何せ、時間指定通りに来ないばかりか「こちらから連絡して」も「1時間後とかに配達」してくるんですから、ふざけた話です。
前回ここに書いた時は「改善策を文書に纏めて、社判を押して提出するように」要求したのですが、「以後、充分気をつけます」と繰り返し、文書提出を頑なに拒否した挙げ句、音信不通になったという経緯があります。 ところが、気をつけるどころか何度も繰り返すわけですわ。 ぶっちゃけ、宅配業者としてサービスメニューに掲げながら守られる事がない日時指定配達なんて止めてしまえばいいのに…とさえ思います。
配送料をダンピングしているから採用する通販業者が多いので困ったものです。 通販業者は佐川遅便が、このような問題を何度も繰り返しているという事実を把握しているのでしょうか? 通販業者にとってもサービスの低下と受け取られかねない事態なのだから、キチンと業者を選別して欲しいと思います。
今回は「自称」エライ人が荷物を持って謝罪に来るそうですが、ここはやはり前回の話を蒸し返して「対応策を文書に纏めて、社判を押して提出」するように要求すべきでしょうね。 まぁ、頑なに拒否するのは目に見えているのですが、誠意というものをどう表現するかというのも企業のあり方だと思うのです。 クロネコヤマトは謝品詰め合わせを持って、エライ人がすっ飛んできました。 しかも、以後は時間を守らないという失態を繰り返していません。 佐川遅便の企業としての姿勢が、どう表現されるのか見物です。


追記:
今回も結局のところ、「スミマセン。モウシマセン。」の一点張り。 ただ、以前も大クレーム入れている以上、口だけの「モウシマセン。」は納得できないし、そもそも言葉に重みがないので受け入れられないと言ってやりました。 前回は、社判を押した文書の提出を求めたが有耶無耶にされたので、今回は提出するまで納得しないと言ってやりましたよ。
とにかく、前回もユーザークレームに発展したのだから記録ぐらい残っているはずなので、それを見て今回はどのようなアクションを起こすべきなのか判断しなさいという事で、一旦お引き取り願いました。
本当は本社にクレーム入れたいんだけど、佐川の本社ってクレームはスルーするだけなので存在意義がないんだよな。 営業店レベルで全てを解決すべし!というのが佐川の方針だそうなので… だから、全国的に遅配を発生させて大問題になり、いつまでも解決しないんだけど、本社はやる気がないので仕方のない事のようです。
あと、前回もそうだったのだが営業店にクレーム入れているのに、営業店からのリアクションがないのも問題。 ドライバーに全責任を押し付けて、「オラしらね」という態度を決め込む姿勢も問題なんだよな。 クロネコヤマトは必ず営業店から返事が来るので、ユーザークレームに発展する事は少ないんだけどねぇ。 まぁ、度々繰り返される遅配の原因はドライバーが「時間指定がある事を忘れる」ということなので、ドライバーに責任はあるんだけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です