J:COMのタブレット視聴は無理矢理改善させました


Smart J:COM BoxによるJ:COMタブレット視聴不可の件、無理矢理改善させたのでエントリを上げておきます。なお、本来的にはJ:COMタブレットにプリインストールされている不安定な視聴アプリの改善がなされるべきであると言う事だけは申し添えておきます。あくまでも、ここの事例は「無理矢理改善させた」事例です。

もともと、ウチのネットワークはこんな感じになっていました。無線LANのアクセスポイントであるAirMac Expressの1台が古い機種で802.11gにしか対応していなかった事で、全体が802.11gでの接続となっていました。この状態では、J:COMタブレットでは視聴できませんでした。ちなみに、iPadでは視聴に制限はある(低画質モードで無いとダメ)ものの問題はありませんでした。

JCOM-LAN_Before

J:COMさんのご協力の下、様々な切り分けを行った結果、802.11gにしか対応しない古いAirMac Expressがあるとダメだと言う事が判ったので、大枚はたいて新しいAirMac Expressを購入し802.11nでの接続に改善しました。その結果、J:COMタブレットでの視聴が出来るようになりました。

JCOM-LAN_After

要するに、ネットワーク速度が遅い機器でのネットワーク拡張(WDS)ではダメで、ネットワーク速度が速い機器でのネットワーク拡張(WDS)では大丈夫だと言う事です。ただ、どうしても納得いかないのは、iOS機器(iPadやiPhone)では視聴可能なネットワークで、J:COMタブレットだけ視聴不可だったのかという点です。やはり、これは、J:COMタブレットにプリインストールされている視聴アプリの作りの問題があるのでは無いかと考えます。ここが改善されない限りは、本質的な改善は出来ないのではないかと思います。

J:COMはキチンと「どのようなネットワーク構成でダメなのか」とか「iPadで視聴できる環境でもJ:COMタブレットでは視聴できないという事実」に向き合って対応をすべきだと思います。それが、電気通信事業者としての責務であることは、ここに書くまでも無いことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です