正常な形ではないがJ:COMタブレットで視聴可能に


昨日、Smart J:COM Boxのブラックアウト問題で連絡したので、午後イチで作業員が来たんだけど…

と言う事で、来て早々に激おこプンプン丸モードがONに(笑)

ホント、昨日の朝イチでコールセンターに連絡して、詳細に話をした、こちらで実施した切り分けの話とかが全く伝わっておらず、同じ説明を再度行うことになったり、「そんな不具合は前例がない」とか言われて「オマエはお役所か!」と怒ったり。でも、やれることはセットトップボックスの交換しかないので交換して貰って、タブレットの切り分けに入った。

今回は宅内を端から端まで引き回せる分のLANケーブルを用意してくれた(作業員同士の連携は良いみたいだ)ので、いろいろ切り分け作業をして貰ったり、したり。結果、どうやらWDS自体が悪いのではなくWDS子機が絡むと視聴できないことが判明した。

そこで、WDSでのネットワーク拡張を不本意ながら暫定的に諦めて、タブレット視聴を優先することにした。

でも、一般的な構成のハズの「単なるアクセスポイント」の設定ではタブレット視聴できないという意味不明の結果になった。これって、何かおかしくないですかねぇ。J:COMさん。

と言う事に。正直、エラーを吐き続ける状態が正常であるとは思えないが、そうしないとJ:COMタブレットでの視聴が出来ないんだから仕方がない。この異常事態はJ:COMさんがDLNA Clientというアプリを改修してくれるまで続くんだよなぁ。ちゃんと、改修して下さいね。「異常な状態」でないとタブレット視聴が出来ないのだから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です