Smart J:COM Boxのブラックアウト問題


4月11日に設置したSmart J:COM Boxが頻繁にブラックアウトする問題。15日にセットトップボックスの交換を行い、16日にケーブルの交換を行ったものの全く改善されず。ちなみに、セットトップボックスのリセットも行っているが改善されない。

昨日、PlayStation3も動員して切り分け作業を行った。結果…

  • PlayStation3ではブラックアウトしない
  • ケーブルを入れ替えてもブラックアウトする

ことから、テレビ本体には問題なし&ケーブル自体には問題なし、というところまで絞り込まれた。残りはセットトップボックスのみ。

今朝、朝イチでJ:COMコールセンターに電話して事実関係を伝えたんだが、ここで驚くべき事実も判明して発狂した。

ええ。タブレットで視聴できない問題は16日に切り分け作業は行いましたよ。その時に、目の前に無線LANルーターがあるとき「だけ」視聴できましたよ。でも、それは切り分けのために仮にやったテストであって、ウチのネットワーク環境では視聴できないのには変わりないのですが…

先に書いた通り、切り分け作業を行いました。丸一日掛けて。これでも、映像技術者の端くれですから、キッチリ行わせて頂きました。

直っていないのに「直った」事になっているとか、ユーザーが「ソフトウェアの不具合を指摘」しているのに、それが記録されてないとか、出鱈目なことをやっているんだから、いつまで経っても改善しないよね。それで、ユーザーが非常に不便しているのに利用料を満額取るのはおかしいんじゃないですか?言葉は悪いが「詐欺」だよね。

ここが一番の問題。どういう現象が発生して何をやったのかがキチンと記録されていない模様。それでは情報は上がらない。下請けに丸投げするのではなく、下請けからの声に耳を傾けるとか、クレームの通話記録をJ:COM本体の人が聞くとかしないと、問題の重大性を把握できないだろう。

テレビのみならず、ネット回線や電話回線まで掌握しているインフラ企業なんだから、J:COMの社員の意識改善が必要だと思う。今のままでは、問題点は放置されたままになる。結局、被害を被るのは利用者だ。問題点が本当に解決するまで利用料を取らないとか、J:COM本体にもペナルティになるようなことをしないと彼等は痛みを感じないだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です