最近の車両には…


最近、大変気になることがある。 札幌市内を走っている自動車や自転車にはブレーキが付いていないのではないかと思うのである。 何故なら、赤信号なのに減速することなく、逆にスピードを上げて強行突破する車が目につくし、歩行者で溢れる歩道を減速することなく猛スピードで走行する自転車を見かけるからである。
先日は青信号を渡っていて、その様な車にはねられそうになった。 また、自転車にひかれそうになるのも珍しくないくらいに多くなってきた。 決して、ボーッと歩いているわけではなく気をつけて歩いているのだが、それでもそんな調子である。 ブレーキが着いていない車や自転車は整備不良車であり、道路交通法に違反する車両である。 そんな車両が公道を走ってはいけないのだ。
北海道警察もボーッと見ているだけでなく、悪質なノンブレーキ車両をバンバン取り締まって欲しいものだと思う。 死者が出てからでは遅いのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です