メモ


血液検査の結果で突出して異常な値を出したのはLDH(LD)の値。 正常値は200〜400だそうだ。
6/17 約4,000
6/18 約7,500
6/19 約15,500
明らかに異常なのが判る。 ちなみにこの値は、細胞が破壊されると数値が高くなるものだそうで、極端に高い数値を示しているのは体内で急速に細胞破壊が起こっている事を示している。
あと、血小板の数値が極端に低くなっていた。 正常値は14万〜38万だそうだが、5万程度まで低下。 これは、体内で微出血が発生して血小板が使われている為に少なくなっているのではないかとの事。
その他、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)の値が高かったのと、肺に影が見られる事から肺癌、および、肺癌が転移した転移性肝癌では無いかとの結論に至ったそうである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です