そこまでして手に入れる価値があるのか?


職場のすぐ近くに花畑牧場の直営店が出来た。 連日、早朝から長蛇の列が出来ているようで、ハッキリ言って呆れているところだ。
売れないフォーク歌手から実業家に転身した田中義剛氏を批判するつもりは全くないが、今の生キャラメル騒動は異常だと思う。 たぶん、優秀な経営コンサルタントでも付いているのだと思うが、このところの業容拡大には「売れる間に出来るだけ売っちまえ」という姿勢が見え隠れして、何だかイヤらしい感じがする。
正直なところ、他社のものと何が違うのだろうか? きっかけは確かに花畑牧場から始まったのだろうが、今や多くの会社が出している商品だ。 なのに、花畑牧場のものを寒空の中、わざわざ並んでまで入手する価値があるのか疑問だ。 何となく思うのだが、殆どの人が他社製品を混入させた時に見分けが付かないのではないかとさえ思っている。 要するに「花畑牧場」という名前に踊らされているのだ。 どこかのマスコミが、生キャラメルに関するプラシーボ効果を確かめて欲しいとさえ思うくらい、今の状況は異常としか言いようがない。
そんな私は生キャラメルを食した事はありません。 っていうか、コストパフォーマンスが良くない商品に自ら手を出す事はありません。 お土産で貰う事自体は拒否はしないけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です