糖負荷試験


今日は循環器系の病院への通院日でした。 前回行った特定健診で血糖値が若干上昇していた事から、一応という事で糖負荷試験を行いました。 朝から何も食べずに病院へ行って、直ぐに検査開始。 もう三度目なので慣れたもんですけどね。
検査はまず、負荷をかける前の血液を採取します。 その後、75gのブドウ糖水溶液(激甘サイダーみたいなもの)を一気飲みしてから、30分後・60分後・120分後の血液を採取します。 合計で4回も腕に針を刺されて血液採取を行うんですねぇ。 待ち時間が長いので退屈な検査ですが、間に診察も入るので適度に時間はつぶれます。
結果は次回のお楽しみなんですが、たぶん「境界型糖尿病(ギリギリセーフ)」と診断されるでしょうねぇ。 ツレ(管理栄養士なんです)からは、食事の時の御飯を半分残すとか、麺類を食べる(但しつゆは飲み干さない)とか指導を受けているんですが…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です