迷走の挙げ句…


麻生太郎ちゃんのハッキリしない態度から、衆議院の解散総選挙の日程が迷走していますが、いったいどうなっちゃうんでしょうかね? 噂では年内解散はなくなったという話もチラホラ。 要の人たちが迷走していると、その下について行っている人たちも対応に苦慮する事と思います。 その挙げ句に、自由民主党大敗とかになったら、当の御本人達にとっては笑える話ではなくなるよな。
何だか似たような場面を前職でも良く見たような気がするなぁ…
迷走の挙げ句、誰もいなくなった(何もなくなった)とかになったら、本当に悲劇としか言いようがない。 各組織のトップに立つ人間は態度をハッキリして、下の人間達をキチンと引っ張っていかないと。 リーダーシップを取れない人は上に立ってはいけないのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です