トマトジュースの概念が覆るトマトジュース


いろんな人達から「美味しいよ!」と勧められるトマトジュースを飲んでみた。それはコレ。

はい。伊藤園の「理想のトマト」ですね。飲んだ感想は…

「薄い!」です。

私、昔からトマトジュースが嫌いで飲めなかったのですが「理想のトマト」は飲めました。そういった意味では美味しいのでしょう。でも「薄い!」です。トマトフレーバーの水って感じです。

で、こちら。

私が普段飲んでいるトマトジュース。自由が丘にあるオーガニックハーモニーの「OHトマトジュース」です。飲んだ感想は…

「まるでトマト!」です。

めちゃめちゃ濃厚なんですよ。どろっとしていて、トマトそのものって感じです。トマトをそのまま潰して瓶に詰めましたって感じ。

まあね。値段が違いますからね。あと、一番大きいのは製法が違うという事だそうです。

大量生産のトマトジュースは濃縮還元という方法を採ってます。濃縮還元とは、すりつぶしてジュースにしたトマトを煮詰めて煮詰めて濃縮していく事で輸送コストを低減し、瓶詰め工場で水で薄めて理論上果汁100%の状態に戻す事だそうです。

それに対して、オーガニックハーモニーのトマトジュースは、普通にすりつぶしてジュースにしたトマトを殺菌も兼ねて煮詰めて、そのまま瓶詰めにした物だそうです。それだもん濃厚ですよね。

市販のトマトジュースを飲み慣れた人からすれば、トマトジュースの概念が覆りますよね。全く風味が違うんですから。全くの別物と言って良いでしょうね。

ちなみにオーガニックハーモニーのトマトジュースは「危険なほど美味しいトマトジュース」と言われているそうです。一度お試しを。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です