ビッグ3が2に?


大型車ばかり作ってきた米国自動車業界ですが、このサブプライムローン問題のあおりを受けて一気に業績が悪化している状況になっています。 以前から「一般の乗用車に5リッターエンジンとか必要ないだろ!」と思っていたのですが、米国国内では売れていたものだから大艦巨砲主義から脱却できなかったんですね。
そんな中、ゼネラルモータース(GM)とクライスラーが合併か?という話が飛び込んできました。 GMだって「いつ破綻してもおかしくない」状況なのに、クライスラーの大株主であるファンドから合併話が持ち込まれているそうです。 まぁ、合併したとしても弱者連合ではネェ…
フォードもマツダの株式を売却して赤字補填に使うだとか、悲惨な状況が漏れ伝わってきていますが、ビッグ3がビッグ2になり、やがてビッグ1になってしまう日が来てしまうのでしょうか? 全世界同時不況の状況が改善しない限りは、ビッグ3が立ち直るチャンスはないと思うんですが、いずれにしても震源地は米国なので米国自身が信用不安対策を十分に行い、不況からの脱却をしないとマジでビッグ1になる日も来ちゃうんじゃないかと…
ゼロになったらシャレにならないな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です