地震の影響は思わぬところに…


昨日の台湾地震の影響が思わぬタイミングで、思わぬところで出てきています。 うちはマネックス証券と楽天証券の2社を使用し、それぞれ現物取引・投資信託と信用取引というように使い分けているのですが、マネックス証券の国内取引分は動いているものの、楽天証券は止まっちゃっていて、株価更新がなされない状況になっています。
ウワサではいくつかの証券会社で同じように株価更新がなされなくなって、提供されているツールが動かなくなっているそうな。 原因は、ロイターの香港ー日本間の回線が切れてしまったことが原因だそうで、ロイターから情報を得ている証券会社は軒並みダウンしているそうです。 マネックス証券のツールは日経Quickを使っているので動き続けているので、うちでは株価情報自体は得られているので良いんですけど、ロイター系しか使っていない方は被害甚大ですね。 株価判らなかったら発注のしようがないですもん。
それにしても、今頃になって止まるなんて…
13:13追記:これですね。
 「香港からの国際電話に障害 台湾地震で海底ケーブル損傷」(asahi.com)
 記事によるとデータ回線は迂回路を構築中だそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です