不用意な発言は慎むべき


敢えて誰とは言わないが、先日、東京ビックサイトで発生したエスカレーター事故に関して、あたかもメーカー側の責任であるかのような主張を繰り返している輩がいる。 参加者や主催者側に一切の落ち度はないかのように主張しているのであるが、その発言がウソである可能性が見えてきた。
もちろん、初期段階では色々な視点から事故を分析する必要があるが、影響力のある人間が一方的な物の見方で発言を繰り返すのは大変宜しくないことだと思う。 もちろん、その方は自分が影響力のある人間であると自覚しておられないのかもしれないが、テレビ番組などでも顔を見る方である以上は、それなりの影響力はあると考えるべきだ。
事故に関しては、概ね主催者側の対応の拙さ(過密状態でエスカレーターに乗せた)という事が判明しつつある。 単純に考えても、全段に人を2〜3名も乗せてしまえば異常な状態であることは素人でも判る。 通常は万一の場合も考えて一段おきに人を乗せるべきであって、全段に乗せてしまったことが設計過重を超えたことは想像に難くない。 そのうち、警察の捜査結果も明らかになるだろうが、みんなが知りたいのは真実である。 不用意な発言を行った方には、結果次第では謝罪を行って欲しいと思うところだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です