予測は当たるわ


今日は車のバッテリ交換を行おうと思っているのですが、天気予報があまり宜しくないので保留になっています。 朝、起きてから一通りの作業を行って、一段落したところでウェザーニューズの10分予報と国土交通省のリアルタイムレーダーから読み取った予測によると、作業を始めてから30分後に雨が来そうだったので、作業を保留にしています。
天気予報では午後から雨が上がるみたいなので、改めて10分予報とリアルタイムレーダーで予測して、路面の状況なども勘案しながら、作業を行うかどうか判断しようと思っています。
それにしても10分予報って、ユーザーの情報を基に予報を出しているようなんですが、結構当たりますね。 ほぼピッタリの時間に雨が来ました。 リアルタイムレーダーから読み取った予測も、だいたい10分くらいの誤差で当たります。 当たらない気象予報士の情報よりも数倍精度が高いです。 一応、気象予報士の勉強はしたことはあるけど、合格していない(試験を受けていない)ので素人なんですが…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です