MacOSXアップデート

LINEで送る
[`evernote` not found]

MacOSXのソフトウェアアップデートにてMacOSX10.4.11が出ていたので適用してみた。 これにより変わったところと言えば、SafariがLeopardと同様のバージョンに上がったこと。
Mac系のブログでLeopardにした後の各ブラウザでの見え方の変化を問題視している所があったが、確かに酷い。 フォントの指定がない(と思われる)サイトでは文字が従来の角ゴシック体から明朝体になってしまった。 また、Inputタグの所では何故か明朝体になったり角ゴシック体になったり変な感じになっている。 これにより大きく影響を受けているのは、このブログを管理しているCMSであるMovableTypeだ。 従来よりもフォントサイズが小さくなっているし、従来は角ゴシック体で統一されていたのが中途半端に明朝体が入ったりしている。
あと、文字間隔とかも変わったり、太文字関係も変わっているらしく、Amazonのサイトでは一部影響を受けているところがある。 多くのサイトではフォント指定がされているようで従来と見え方に相違はないのだが… これは、ウェブデザイナーは大変だろうな。 Safariについては、従来のTipsが使えないかもしれない。 しかも、サイトの作りによってはSafariのバージョンによって見え方が違うのだから困ったもんである。
それ以外は…特に変わったところは見られない。 Leopardに関してはアップグレードインストールの時に障害が出るような話も聞かれるので、暫くは様子見のつもり。 なので、Tigerの方もメンテしてくれると本当に助かる。 まぁ、未だにG3も現役で使える状況なので見捨てるわけにも行かないだろうから、当面はTigerの方もメンテしてくれるんだろうな。 LeopardではG3のサポートはされなくなったわけだし…


追記:
見栄えが変わったサイトをもう一つ発見。 mixiの足跡とかニュースとかを開くとフォントが明朝体になってしまう。 ホームページとかコミュの中身とかは従来通りなのに何故なんだろうか? ひょっとして、適用されているCSSが一部のページで異なっているのかもしれないなぁ。
あと、HTMLのaタグでtarget属性を使うと、(場合によって?)新しいウィンドウや新しいタブで開かない(というかページ自体が開かれない)現象が見られる。 コンテキストメニューから「リンクを新しいウィンドウで開く」とか「リンクを新しいタブで開く」とかを選ぶと、ちゃんと開くんだけどね。 これまた不思議な現象だ。 Safari3は散々ユーザー使ってテストしてきているはずなのに、何で基本的なところの動作がおかしいのだろうか?

LINEで送る
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です