何を血迷ったのか?


ウワサ通りAppleはPowerPCからIntelのCPUへ移行するようですね。 ジョブスはいったい何を血迷ったのでしょうか?
そもそもPowerPCは、そのアーキテクチャから言ってもIntelのCPUみたいに高クロックにしなくても十分早いのですが、数字上のクロックが遅い事に対して不満があったんですかねぇ。 だいたい、Macの遅さはCPU性能よりもリッチなグラフィック表示によるOSそのものの遅さだと僕は思っているのですが、違うんでしょうか? Windowsと同じ土俵に乗ってしまったら、OSの遅さがより際立って不利になるような気がしますが…
だいたい、CPUだけIntelにしたってOSが違えばアプリの開発は別個に行わなければならないんですから何の意味もないんですけど、そこをきちんと理解されているのかが不安。 開発側もMac用に別途開発する苦労は変わらないわけで、それよりも現行のものから移行する手間の方が大きいですから、どんどん離れていってしまうのではないかと言う気がしなくはないです。 以前のCPU移行(68K→PowerPC)と比較すると思いっきりハードランディングですから、ユーザー離れやベンダー離れが多数発生するような事態は避けられないと思います。
そもそも、今のMacの良さはPowerPCの良さに依っていると認識しているので、IntelのCPUを採用したMacを買う事はあるのかというと、現段階では「9割方ない!」というところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です