Virtual PC不具合対応版


メモリを2GB以上積んでいるマシンでは動作がおかしくなると言う不具合を抱えたVirtual PCでしたが、昨日リリースされた不具合対応版にて改善されたとのことです。
早速、バージョンアップ(7.00→7.01)をしてみました。 メモリ問題が解決されたのかどうか見てみたいので、当分Virtual PCを起動しっ放しにしておくことにします。 以前は一晩でダメになっていたので、明日の朝まで保てば効果があったと判断しても良さそうです。
ちなみに、MacOSX側を再起動などしないでVirtual PCを起動したり停止したりを繰り返してもMacOSX側が動作不安定(暴走状態)になっていたのですが、それも改善されていることを期待して…
まぁ、しばらく様子見です。
でも、そんなくだらない不具合の改善は良いとしても、速度の遅さを改善して欲しいんですけどね。 速度の遅さが相当目に付くので… Microsoft社に速度を求めるのは間違いだと薄々気が付いてはいるんですけどね。