ディスクを喰われていく


MacOSXって起動するたびに数百MBづつディスクの空き容量が減って行くみたい。 かなり写真とかのデータが増えたので、ディスクの空き容量がきつくなってきているのだが、必死になって2GBくらい空きを作っても、1〜2週間で空き容量が数百MBにまで減ってしまう。 テンポラリファイルが残っているかと思って、探してみても別にそんな事はないみたい。
問題なのは、何で喰っているのか判らないという事。 毎日、寝る前にはSafariのキャッシュをクリアしているし、他にはディスクを食い潰すような事をしていないのにもかかわらず、何故か減っていく。 ログファイルとかの状況を見ても特にディスクを食い潰すような事にはなっていない。
いったい何が、ディスクを食い潰しているのだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です