事故処理の件(解決へ…)


本日、保険の代理店の担当者から電話がありまして、裁判の方は本訴へ至らず和解という方向になりました。 過失割合は7対3ということで、こちらが3割被ると言うことになりましたが、迅速な解決を図りたいという思惑が一致したところで、やむを得ずではありますが了承をしました。
担当者の話では、やはり相手のシゲ○ラ(千歳市在住)が保険を使うことを渋っていたそうなのですが、東京海上日動(相手側の保険会社)の担当者による説得で渋々了解をしたとのこと。
ちなみに三井住友海上(こちら側の保険会社)の調査担当者が相手側と話した印象としては、相手側に「事故を起こした」という認識がなく非常に横柄な態度を取っていたとのことで、僕が事故現場で受けた相手に対する印象と一致するところがあったようです。
結局、相手側から当方に謝罪の言葉が一切ないのが大変引っかかるのですが、相手自身を裁判の場に引きずり出したところでどうかなる話でもないので、これで手打ちとすることになりました。 ちなみに、当方の修理費用は保険会社からの通知によると45万円(もちろん全額保険)でした。 相手は、自分でチョコチョコなので1万円もかかっていないそうな。
気をつけよう「17-16」の車には。 酷い目に遭いますよ〜。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です