退屈だった〜


今日は循環器系の病院で糖負荷試験というのをやってきました。 昨日の夜9時から飲まず食わずの状態で、空腹で寝付きも悪く睡眠不足気味でしたが、2時間以上もかかる試験なので必死になって起きて行ってきましたよ。
この糖負荷試験というのは何かというと、75gのブドウ糖が入った激甘サイダーを飲んでから、決められた時間に採血をして、各時間の血糖値を測定し糖尿病かどうかをテストするというモノです。 採血は激甘サイダーを飲む前と、飲んだあと30分後、1時間後、2時間後の合計4回行い、2時間後に正常範囲まで戻っているかとか、下がり方はどうだとか見て糖尿病なのか境界型(糖尿ではないが危険)なのか正常なのかを診断します。
結果は1週間後には判っているみたいですが、次回の通院日が4週間後なので、それまではお預け。 実は以前もやったことがあって、その時は境界型であるとの診断でした。 今回は、最近の血液検査で血糖値が正常範囲から若干上に外れていることから行うことになったモノです。
それにしても、待ち時間は退屈(ずっと待合室のテレビ見ていた)だし、脂肪が厚くなってきたのか採血が難しいとか言われて同じ血管から3回も採血されてチョット痛かったし。 何事も正常が良いようで…


One thought on “退屈だった〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です