非常にあっさりしたもんでした


午後から、一応お世話になった部署への御挨拶と、退職のための最終手続きをしに会社へ行ってきました。 社員として会社へはいるのは今日が最後となりました。
同じ部署の人たちへの挨拶はどうしようかなぁ〜とか、いろいろ考えて夜も眠れない(ガキじゃねぇって)日々が続いたのですが非常にあっさりしたもので、上司への挨拶をしているときにエライ人から「一応、辞令口達があるそうだ」と言うことで受けたりして… あとは、サクッとみんなに挨拶して(とは言っても忙しい部署なので半分くらいしか居なかったけど…)から、総務へいって最終手続きを行う。
最終手続きは年金手帳とか新しい健康保険証(任意継続のヤツ)などを受け取った後に、書類3通に捺印、あとは会社からの借り物(放送基準解説書など)と社員証・入構証の返却をして終わり。
どちらも非常にあっさりとしたもので、全部で30分も経たずに終わってしまいました。 もっとかかると思っていたのに、直ぐに終わってしまったので病院の予約時間まで近所のホテルの喫茶でお茶を飲みながら読書。 それにしても、読書していると時間が経つのって早いですね。 あっという間に1時間半の時間が潰れ、病院へ…
そんなこんなで、最終出勤日は非常にあっさりとした感じで終了してしまいました。 まぁ、小規模ながらも人事異動もあるし、期末だからみんな忙しそうで少々淋しい気持ちになりましたが… 明日からは会社のことを考えなくても良いので多少気が楽になりますし、イベントモノが無くなったので、たぶん十分な睡眠を取れる日々が続くでしょう。 当分はマイスリーも服用しないでみるつもり。
一つ、肩の荷が下りました。


2 thoughts on “非常にあっさりしたもんでした

  1. pismo

    でも、退職後に必要な手続きとかは全て文書にしてくれましたので、優しい会社であるとは言えるでしょうね。
    おかげで、自分で事前に調べてきたことの裏付けも取れたので、後処理は楽と言えば楽です。
    あとは、病欠後退職なので事前に引き継ぎが終わっていて、退職前に慌ててすることがないのも楽でした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です