ひとりではなにもできないのに…


一人では何も出来ないのに出来た気になって有頂天になるバカ者がいる。 二十代までであれば若気の至りと言われ許される部分もあるのだろうが、三十代になれば世間の目は厳しくなり許容されることが少なくなる。 四十代になれば単なるバカ者として煙たがられ、五十代を過ぎると老害と言われ忌み嫌われるようになる。
たぶん、一般社会ではそうなのだろうなと勝手に想像している。
でも、井の中は異なり三十代でも許容され五十代でも許容される。 一人では何も出来ないのに出来た気になって有頂天になるバカ者は、実はバカ者として取り扱われることはなく許容され受け入れられるのである。 逆に正論を打つ人間は排除され、ラインから外れていくことになるのである。
あぁ、どうすればいいのだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です