Apple USB Super DriveをApple SiliconなMacで使う方法


2022年8月に、MacBookAir(Early 2014)とMac mini(Late 2012)の後継としてMacBookAir(M2)を購入しました。ニコイチにしたわけです。お高いのもありますが、特に新型コロナ禍での使用状況を鑑みてノートだけで良いなと感じたのもあります。

さて、Apple SiliconなMacって光学ドライブが完全に消え去っているわけですね。まあ、ウチで使っていた2台も光学ドライブは内蔵していなかったんですけど。で、手元にはMacBookAir用に買ったApple USB Super Driveがあるわけなんです。これを使えないかとググってみたら「使えなかった」という記事が多い多い。改めてAppleのサイトで見たんだけど…

USB-Cとの変換アダプタがあれば使えるって書いてあるじゃないですか。しかも、まだ売ってるし(笑)

で、使えないと書いてある記事を良く見たら皆さんDock経由で使おうとして「使えない」って言ってるんですね。そりゃ、使えないですよ。元々、消費電力の関係で本体と直結しないと使えなかったわけですし。しかも、なんか「純正の変換ケーブルを使わないと使えない」みたいなことを書いている記事もあったりして。そんなバカな!って思うわけですよ。単なる変換に純正もクソもあるかって言うの。

と言うわけでウチは…

手元に余っていたANKERのUSB-CーUSB-A変換アダプタを使用して無事使えるのを確認しました。なんだよ。普通に使えるじゃんか。

と言うわけで先代のMacBookAirと一緒に買ったSuper Driveには、まだまだ現役で働いてもらいます。

【注釈】
以前、どっかで見た(今は何処にも載ってない)んですけど、Apple USB Super DriveはUSB-Aで接続するくせに1.3Aを要求するんですね。でも、USB-Aが規格上給電できるのは0.5Aまでなので、Dock経由だと0.5Aしか供給されないから使えないんですよ。ちなみに2008年以降のMacは変態仕様でUSB-Aのくせに1.3A給電できるようになっていたわけです。で、USB-Cは規格上1.5Aもしくは3Aまで給電できるので変換アダプタを噛ませてUSB-C端子に挿せば使えるというわけです。

ちなみに、DockのUSB-Cに挿してみたんですが使えませんでした。おそらく、本体からは1.5A供給されているんですが、Dockが一部消費してしまう為にDockのUSB-C端子から供給されるのが1.5Aに満たない(もっと言えば1.3Aに満たない)為だと思われます。なので、本体に直接挿すのが必須ですね。外部から給電できるDockだと、ひょっとすると使えるかもしれませんが未検証です。

参考までにApple USB Super DriveをWindows10で使う方法という記事も見かけますが、それもUSB-Cへアダプタ経由で挿しての使用という事でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。