6月は別れの季節


出会いがあれば別れがある。それは世の常。

以前書いた「騙されるに至った経緯をまとめておく(追記あり)」に書いた件。再び相手側がキレまして、お別れとなりました。最後は「立つ鳥跡を濁す」状態で、当方は代理人を立てる直前まで行きましたけど。

一つ判ったのは「私の、たった一言の不適切発言」でガチギレし、コミュニケーションを断絶する方とは正常な人間関係を構築するのは難しいという事です。コミュニケーションを断絶されたのでは為す術は無しですからね。謝罪はしたものの受け入れてもらえませんでしたし。

相手側は病気のせいにするかもしれない。酒のせいにするかもしれない。でも、それは単なる言い訳であって逃げでしかないのですよ。事の本質を理解されていない以上、治る見込はないと判断し関わる事を止めました。

厚意でプレゼントとかアイテム投げとか、配信盛り上げとかしてきましたけど、最後は感謝の欠片もなかったですしね。そういう人なんだなと。ちなみに、配信者へのプレゼントとかは以前から男女問わずしていましたので、女性だからとか言うのは全くありませんので誤解なさらぬよう。特に、雑談たぬきに棲みついているたぬき民の皆様へ。

これを書いている段階では「ブロック」まではされてませんけど、これが公開される頃には以前と同様に「全ブロック」になっているでしょうね。

実は、彼女のダメな所を追々指摘しようと思っていてメモを取っていたので、記しておきます。

  • 配信を仕事にしなければ生活できないと言いながら、事務所を辞める
  • イベントを途中で放棄するクセが付いている
  • 配信そのものをする頻度が極めて低い
  • 拡散して欲しいなら、まずは自分からSNSで告知しないと
  • なんでも他人のせいにしすぎ

こういう事の積み重ねがリスナー離れを引き起こしているんだろうなと思っていました。

相手に伝わる必要はありませんが、自ら気が付いて行動変容をすれば変わると思いますし、何も変わらなければ今までと一緒の自堕落な生活を続ける事になるのではないでしょうか。

私は、彼女の親でも何でもありませんので「勝手にどうぞ」って感じですけどね。一応、最後の贈る言葉にしたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です