新型コロナワクチンは今打てるものを打て!


Twitter界隈を徘徊していると、モデルナの副反応発生率を嫌ってなのか「ファイザーが打てるのを待つ」という投稿を目にします。

でもね、そうこうしているうちにmRNAタイプじゃない「アストラゼネカ」のワクチンの接種が始まってしまったじゃないですか。まあ、「アストラゼネカ」のワクチン(ウイルスベクタータイプ)も一定の効果がある事は知られているので大きな差があるわけではないのですが、「ファイザー」に拘っているとどんどん「ファイザー」から遠ざかってしまいますよ。

今は、とにかく万一感染しても症状を軽くする事を考えて「打てるものは打て!」と言いたいです。

実は、私も「ファイザー」に拘っていた時期がありました。それは、妻が医療関係者なので早くに「ファイザー」のワクチンを接種していて、副反応に関する知見が個人的にあって安心できるというのもありました。でも、接種券が到着したのと同時に、その時最速で打てるワクチンである「モデルナ」を選択しました。

結果として、この判断は間違っていなくて、その後「ファイザー」の供給が充分にできない状況になったのは皆さん御存知の通りです。「ファイザー」を待っていては接種よりも先に感染してしまう可能性の方が高くなってしまいました。所謂、第五波の襲来ですね。

この記事を書いている段階では、全国的に第五波は落ち着く方向に動いてはいますが、今の日本の状況を考えると第五波が落ち着いた途端に第六波が襲来する事は目に見えています。

確かに「モデルナ」の副反応はキツいです。と言うか、高確率で強い副反応が出るみたいです。でも、もたもたしていると感染リスクが高くなっていくだけなのです。

自分の経験から言える事は、急いで予約を取れ。銘柄は選ぶな。とにかく感染リスク・重症化リスクを抑えろと言いたいです。

もともと、重症化リスクの高い既往症があるので「死」を覚悟していましたが、ワクチンを2回接種して、その覚悟は薄らぎました。ただ、今まで通りの感染対策はしていますけど、重症化リスクが低減した事で安心感を得られているのは事実です。

とにかく、今選択できる新型コロナワクチンを速やかに打ちましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です