帳簿付けが終わらん


先日のエントリで書いた、帳簿付けの話。 年間の取引明細に関しては、株式取引の方に関しては10月末までの分を完了することが出来たのですが、外為取引の方は未着手。 まぁ、こちらは取引量がそれほど多くないので、10月末までの分をやっつけるには半日も必要ないでしょう。
取引明細よりも重要なのが、帳簿付けの方になります。 こちらは、大まかには出来上がっているのですが、生活費として使った分など一部を残しておりまして、そっちも片付けなければなりません。 また、白紙に仮で印刷して記帳指導に持って行かなければならないので、そっちの方が大変だったりします。 現金出納帳と預金出納帳、仕訳日記帳、振替伝票、入金伝票、出金伝票と印刷するものが多いのです。
それにしても… 貸借対照表とか損益計算書を出してみたところ、今年は赤字決算となりそうです。 と言うことは、税金を払わなくても良くなるので、医療費控除をツレの給与の方で還付申告しなければなりません。 ツレは節税に関しては全く判らない人なので、全て自分が作業を行うことになるんですよね〜。 年明け早々は、結構大変かもしれない。
あと、万一の事業資金借入のためにヒマなときにでも事業計画書を作っておかないとなぁ。 来年は黒字決算にしたいのは山々だけど、事業を順調に運ぶには広告とかも打たないといけないので、それなりにお金がかかる。 ベースはインターネットを利用した商売なので、広告も検索サイトとかに出すんだけど、最低でも月間で3万円位の費用を見ておかないと効率的な広告を打てないみたいなんだよね〜。 今は月間で5,000円を上限に広告を打っているんだけど、効果が出ていないので…
今さらながら、事業主って大変なのね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です