地震から三日目四日目(北海道胆振東部地震)


地震発生から三日が経ちましたが、一週間程度は震度7クラスの余震があるかもしれないので要注意とのことでビクビクしながら生活していました。ここら辺でも(この記事を書いている)未だに余震を感じますし、正直怖いです。

そんな状況だし、土曜日だから休みだしって事で昼間っから酒を浴びます。気温も高めで天気も良かったのでベランダでグビグビ。

その日の日没の夕景はこんな感じ。きれいなんだけど不気味さが漂う夕景です。

四日目は酒が無くなったので仕入れに近所のコンビニに。SNSの情報通り、食べるものは激辛系以外何もない状態で、飲み物が若干。ふんだんにあるのは酒とつまみだけですね。そこで、今話題になっているサッポロビールの99.99を初購入。

そして、酒を片手に場外市場をブラブラすると手持ち無沙汰な店員さん達が「酒のつまみにどうだい!」って声をかけてきます。普段は地元民だと判ると全く声をかけてこないんですけどね。観光客が全くと言っていいほど居なくなっているので、仕方なく地元民にも声をかける有様です。

場外市場を通り抜けてみたのですが、遭遇したのは中国人観光客が数名。普段は平日でも観光客であふれているんですけどね。非常に寂しい状態になっています。この状況は今現在も変わっていません。北海道は広いので安心してきて欲しいんですけどね。ここら辺が日常に戻るのはいつのことやら。

そして、家に帰って99.99をグビグビと。この酒はヤバイ奴ですね。クセがなくて飲みやすいのにアルコール度数が9%ですから、一気に酔いが回ります。缶チューハイは大嫌いな自分でも好みになっちゃいました。

で、四日目の夕景。この日もきれいな夕景なんだけど不気味さが漂います。

大規模余震の恐怖との闘いもあと数日の我慢です。とてもとても怖いです。

でも、この記事を書いている段階では札幌で感じる余震も日に1〜2回に減っているので、だいぶん安心できるようになりました。ただ、グラッとくるたびにビクッとしますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です