重体らしい…


うちの父(実父)が、身体が衰弱して歩行困難に陥り、一昨昨日に入院したそうな。 病名は不明だが肝臓が大分やられているらしい。 しかも、昨日の午後に病状が悪化し、某大病院のICU(集中治療室)に入ったとの連絡があった。 いろいろ処置をするのに時間がかかって、付き添いの母が面会できたのは夜遅くになってからだったそうだ。
今のところの状況をメモに纏めておく。
 ・血液検査の結果はどれも数値が非常に悪い状態。
 ・血小板が非常に減少しており、万一出血した場合には血が止まらない状態。
 ・その為に必要な検査が出来ない状態。
 ・その為に正確な診断が出来ない状態。
 ・肝硬変が進行している状態。
 ・意識が混濁している状態。
とりあえず大病院に入院したので…
 ・人工肝補助療法(?)で毒性物質の除去を行っているらしい。
 ・血小板輸血を行っているらしい。
夜も面会できるようなので、夜勤明けに夫婦で行く予定。 それにしても、夫婦共に忙しい(ツレは学会の対応、自分は連チャン夜勤)時なので、ハラハラドキドキモノである。 二人とも携帯を職場に持ち込めないので、自宅の電話がキーになると言う前時代的な状況になっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です