あけまして、おめでとうございます


本年もよろしくお願いいたします。
さて、本年は自分の独自性を強く訴えて、他社との差別化を図り、案件を多く取れるように頑張りたいと思います。 それと同時に、独自性が話題性に変わるような努力もしていきたいと思っています。 従来も、独自性を訴えた提案などをしてきましたが、なかなか理解をして頂くチャンスに恵まれませんでした。 どうしても、従来型のスタイルにこだわるユーザーが多かったり、従来型のスタイルから頭を切り換えられない「自称」コンサルタントが居たりと、妨げになるモノが多く存在しています。 その、妨げになるものを排除できる、直接ユーザーの心に響くような、判りやすい提案を心掛けたいと思っています。
北海道ではなかなか「安物買いの銭失い」的なところから脱却させるのが難しいのも事実です。 ただ、発注側の立場にいた経験からしても、情報システムは本当に「安物買いの銭失い」になることが多いです。 経営層に、その理解がないのも多いのですが、「自称」コンサルタントが経営層に媚びるためにデタラメな思想を押し付けて、理解の転換のチャンスを逃しているのも事実です。 それが、北海道の情報産業をダメにしている一因になっているのではないかとさえ思えるところです。 自分としては、そこに何とか切り込み「安物買いの銭失い」をさせない努力をしたいと考えています。
個人としては、秋に情報処理技術者試験の何かを受けたいと思っています。 1科目免除になるからと言うよりも、その段階での実力を測りたいと思っているからです。 不合格であれば日常の勉強が足りないことが判りますし、合格すれば日常の勉強が充分であることの証明になると思っています。 もちろん、仕事に結びつかないところを攻めても意味がないので、仕事に直結するような試験を受けたいと考えています。 前回受けた時もそうでしたが、頭脳の刺激にもなって爽快ですからね。
基本的には毎年そうなのですが、チャレンジの年・ステップアップの年にしたいと思っています。 人間、チャレンジを止めた途端にバカになりますしね。 いろんな意味で「若いヤツには負けない」し、「ニセモノには負けない」ように頑張って行きたいと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です