ルーターのせいだった


先週初めくらいからインターネット系への接続が非常に重くなる事があった。 常時重いというわけではないのだが、時々重くなる事があった。 それが日を追う毎に酷くなってきたのだが、「あ〜、またJ-COMのせいか〜」と思って様子を見ていた。
昨日は朝から外出していたのでネットに接続する事が無く様子はわからなかったが、今日帰宅後に接続してみて致命的なくらいにレスポンスが悪くなっている事に気が付いた。 まさかな〜、天下のYAMAHAの製品のせいって事はないよな〜と思いつつ、ルーター(RT57i)の電源を切ってから再投入したら…回復した。
う〜ん…
まぁ、中身はパソコンみたいなモンだし、常時起動状態だからメモリも喰っていくだろうし、そうゆう事もあるモンだという事で… コレ買ってから3年以上起動しっぱなしだからねぇ。 たまには再起動してあげないとダメなモンなのかな?
と言う事で、インターネット系が重くなった原因はルーターにある事が判明。 心の中でJ-COMを疑った事を反省しつつ、再び快適な状態に戻ったので良しとしましょう。 それにしてもねぇ、企業ユースとかだと数年間起動しっ放しって良くある事だと思うんだけど、困る会社はないのかな? 基本的に民生用ルーターなので企業ユースはあまり考えていないだろうけど、安いから結構使われているみたいなんだよね〜。 大丈夫なのかなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です