それって勘違いじゃ…


たまに行く某サイト(先日個人情報流出してた所)は良くニュース記事のまるまるコピーを掲載していることがある。 個人の感想とか意見とかあるのかと思いきや、そんなモノは全くなくて本当にまるまるコピーなのである。 それって、一般的に認められた引用ではなくて盗作じゃねぇの?とか思ってしまう。 そもそも、ニュースソースの記載すらないのだから酷い話なのだ。
で、そのサイトの今日のエントリにアクセス解析の話が出ていて「新聞社などのメディア関係が1時間以上滞在して各ページを見てまわっている」というような記述があった。 その理由として「自分の釣りに関する情報を盗むためでは?」という記述があるのだが、それは大きな勘違いでニュースをまるまる盗んでいるから自分の所の記事が盗まれていないかチェックしているだけなのではないかと思うんだけど…
要するに盗んでいるのはそのサイトを見に来ている人ではなくて、そのサイトを運営している人自身であると言うこと。
敢えて、リンクを張ったりトラックバックしたりはしないが、自らの胸に手を当てて冷静に考えて欲しいものだと思う。 そういった著作権的に「やばいんじゃないの?」というサイトは多い。 マスコミに籍を置く者としては権利関係を管理しているセクションの所属ではないけど気になるのである。
ちなみに、権利関係でいえばテレビの映像をキャプチャしたモノとかは100%ダメですし、ニュース記事の丸写しもダメです。 特に映像のキャプチャは著作権とかいうレベル以上に出演者の肖像権も絡んでくるので相当ヤバイです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です