ホームページ上の告知はウソ?


サーバーの移転手続きに関して一悶着ありまして、ひょっとすると年末年始での移転は難しくなりそうな感じがしてきました。 まぁ、全ての元凶はNTTPCコミュニケーションズにあるワケなんですけどね。
事の発端は、ここにある年末年始の手続きに関する告知。 そこには12月19日までに書類が到着すれば年内開通と書かれているので、慌てて12月17日には到着するように申込書を送ったのですよ。 そしたら、担当のOという方からメールで連絡がありまして…

・WebARENA SuitePRO V2の年内の開通手続きにつきましては12月14日(金)をもって終了とさせていただきました。そのため、SuitePRO V2開通は2008年1月7日(月)以降のお手続きとなります。なにとぞご了承ください。

だとさ。 ホームページの何処を探しても、そんな事は一言も書いていない。 19日到着分までは年内開通としか書いていないのである。 これは困った事になったので、クレームを入れているが現在のところ返事無し。 Oという担当者が勝手に14日だと言っているなら、彼のクビをかけて年内開通をしてくれれば良いだけなんだけどね。
以前の会社の仕事でもNTTPCコミュニケーションズと仕事をした事があるが、自分達に不利になると逆ギレする傾向があるので大変気になる。 いや、ホント、マジで、大企業の対応とは思えない逆ギレという事態に呆れてモノも言えなくなった事があるんだよなぁ。 あの時はサーバー担当ではなくて、回線担当だったけど、自分でNTTPCコミュニケーションズのサーバーを使っていた事もあり、信頼していただけにガックリ来た。 今回も、逆ギレされそうな予感がしているので年内の開通は無理かもねぇ…
これから、サーバーレンタルを考える皆さんへ… NTTPCコミュニケーションズだけは止めておいた方が良いかもしれない。 公式ホームページに記載の内容と、担当者が言っている内容が異なるという、大企業病に罹っているのでヤヴァイです。


追記1:
既にNTTPCコミュニケーションズのサポート営業時間は終わっているが、先ほど連絡が来た。 曰く、「書類に不備があった場合の受付が14日までだ」とのこと。 いずれにしても、ホームページ上での告知が19日とされている以上は、書類の不備があろうが無かろうが19日まで受け付けるべきである。 これは、一般的な商習慣として当然の事であり、如何なる言い訳も許される話ではない。
結果として、即座に開通されたから良いモノの、NTTPCコミュニケーションズという会社は自分達の不備を認めない会社だと言う事が良く判った。 迅速な対応に感謝はするが、自分達の不備を認めない限りは一般的商習慣が通用しない会社だという事で、自分の中でブラックリストに掲載せざるを得ない要注意企業である。
という事で、今までは事ある毎にNTTPCコミュニケーションズを勧めてきたが、今後は二度と勧める事はないだろう。 お客さんに、そして自分の推奨文を見て契約した人たちに迷惑をかけるだけであるのだから。
追記2:
今回の開通に関して、向こうの言い分が振るっている。 曰く、「お客様の事情を考慮して」だそうである。 非を認めない上に、恩着せがましい台詞をメールで送ってくるとは言語道断。 こっちに手抜かりはない以上、そんな事を言われる筋合いはない。 こんな企業は、絶対に他人には勧めない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です