F1日本GP決勝


ダメだと思っても、諦めないことが肝心というレースでした。 世の中本当に何が起こるか判らないという典型でしたよ。 まさかミハエルの車がエンジントラブルで止まるなんて… そして、昨日の状況からは「ダメじゃん」と思っていたルノーの走りが意外に良かったことで、結果としてアロンソ優勝という結末を迎えたのですからねぇ。
今日の結果を受けて、ミハエルのチャンピオンシップ獲得での勇退というのは可能性が本当に低くなってしまったのは残念ですね。 全くないわけではないのですが、アロンソがノーポイントでミハエルが優勝するしか可能性はないですから、9割方無くなったと言っても良いのではないでしょうか。
それにしてもテレビ中継、スタッフの入れ替えが相当あったのかな? 全体的に画作りと組み立てがラフだったように感じました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です