システム化の意味とは


今日、処方箋を持って行った某薬局。 二ヶ月に一回通っている病院の処方箋を持って行く薬局の支店だった。 その薬局はPCで利用者の管理をしており、いわゆる個人情報の他に薬歴なども記録されている。
しかし! 店舗間で(と言うか一企業として)ネットワークが組まれているわけではないそうで、再び個人情報の登録を行わされたのである。 要するに、個人情報の分散管理である。
何でやねん! つ〜か、店舗によって微妙に違う情報を持ってしまうことにならないか? 確かに薬歴が全て見えてしまうと不味いこともあるでしょうが、そんなモンはシステム的にガードは幾らでもかけられるわけで… それよりも誤った個人情報が分散管理されてしまいかねない状況の方が不味いような気がするのだが…
一元管理するシステムの構築なんて、そんなに難しい話ではないだろうに。
薬局や病院で医療関連のシステムをイロイロ見てきたけど、何故かドレもコレも中途半端というか微妙に不足があるというか、「何か変だよ」と思わせるようなシステムばかりである。 システム化は利用者のためにあって、利用者がシステム化で振り回されたり不自由を感じたりすることがあってはならないんだけどね。
ちゃんとした社内(院内)SEが居ないんでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です