設置場所を考えた


今までハンディGPSをショルダーバッグのベルトに付けて、ちょうど肩の上に来るようにしていたのですが、気が付くとずり下がったりしていたので試しに自転車のハンドルに付けてみました。
ワンタッチで装着できるようなマウントも市販されているのですが、取り敢えずはGPS購入時に秀岳荘で一緒に買った「秀岳荘オリジナルGPSケース」を使って装着。 多少ぐらぐらするのですが、マジックテープが強力なので特に外れる事もなく問題はない。 ディスプレイが横向きになるのですが、別にナビ画面を見ながら走るわけではないので、これも問題なし。 いろんなサイトを見ると振動で電池がずれて通電しなくなる事があるらしいのですが、今日一日走ってみた限りではかなりの振動があっても問題はありませんでした。 受信状態も肩に付けているときよりは安定してるのか、変なところに飛ぶ現象が出難くなったような気がします。
強いて問題点を上げるとすれば、マジックテープが強力であるが故に自転車から外すときと再装着の時に多少手間がかかるという事。 こればっかりはどうしようもないけど、慣れの問題という気もしなくはないと言う事で当面はこれで様子を見る事にした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です