今日も仕事


今日も朝から仕事。 木曜日の夜から作業を続けていた本社-支社間の回線二重化工事(だいぶん前からやっているけど…)の最終日。
業者さんから出てきたタイムスケジュールは各項目の作業時間に関しては前回と変わっていないのだが、うちの方の担当者が変わったためか作業がスムーズに進み、基本的には提示された時間の半分の時間で作業をこなした。 一昨日、昨日はトラブルが発生してその対応に時間をとられたので、ほぼオンタイムでの終了となってしまったのですが、今日はトータル9時間半を予定していたものを4時間半で終了。
まぁ、トラブルの要因は前回から今回までの間に検証環境を構築して十分なテストをして排除してあったため軽度なものに留まったというおかげもあるとは思うのだが、各テスト項目に関しても開始指示の的確さと作業自体の迅速さのおかげでスムーズに行ったのだと思う。 そういった意味で、進捗管理が的確にできる人材(今回のケースだと自分)と指示された作業を的確にこなせる人材が適所に配置できたと言うことが重要だったということになるのではないだろうか。
ただ、前回までの作業で今回のような配置が行えたのかというと、できなかったと言わざるを得ない。 なぜかというと、今回は指示された作業とは言っても機械的にチェック項目をこなすだけの世界であり技術的な手腕は必要のない状況であったのに対し、前回までは技術的にシステムをくみ上げて動作の確認をするということが必須であったためである。 そういった状況において出先で作業できるような人員は残念ながら居ないのである。
まぁ、何はともあれスムーズに行ってよかったと思う。 課題は技術的スキルの高い人員の確保と、何があっても「舞い上がらず的確に判断できる」人員の確保ということになるのだろうな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です