締めくくりはやっぱり…



旅の締めくくりは…仙台といえば牛タン!ということで、仙台の方も勧めるという利久へ行ってきました。
何でこの店にしたのかというと… 以前出張で仙台に来たときに地元の方に連れてこられた店で、何と言っても分厚いタンが美味しかったので「絶対に利久」モードに入ってしまっているというのが一番の理由です。 お土産用牛タンでもここが一番美味しかった(他のはもう食べられません)というのも理由ですね。 一度お取り寄せして自宅で食べたのですが、それでツレもたいそう気に入ってくれましたので大変美味しいと思ってくれて良いと思います。
以前行った店は中央通り店だったのですが、駅をはさんで反対側の東七番丁店がお勧めという話も耳(目)にしたので、今回はそちらにしました。 12時40分頃に仙台駅に着いてなりふり構わず直行したのですが既に店の前には行列が… でも、ここで挫けてなるものかという事で並ぶ事20分。 ようやく席についてありつけたのは牛タン1.5定食とトロロ。 カウンター席だったので焼くところとか目の前で見る事が出来たのですが、混雑しているだけに流れ作業での生産。 ひたすら焼き続けるお兄さんと、焼き上がったものに切れ目を入れて皿に盛るお兄さん、テールスープ担当のお兄さんと手際よく次々と生産されて出荷されていきます。(ホント、出荷という感じです)
以前来たときと違うのは、アメリカ産牛肉が輸入停止になっているあおりか半分が味噌味になっているという事。 でも、おいしさは変わらなかったですよ。
店頭でもお土産用が売っているのですが、時間の関係で仙台駅で購入しました。 空港では売っていないので意外と知らない方が多いと思いますが、別売りの網で焼くとこれまたたいそう美味しいのですよ。 親の家で出張サービスしましたが大変喜んでくれました。 一度おためしあれ。


One thought on “締めくくりはやっぱり…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です