越後屋旅館


越後屋旅館は川渡温泉の入口近くに建つ宿で、川渡の中でも最も古い宿の一つだそうです。 湯めぐりチケットのシール2枚分で入れる温泉です。 歯磨きセット付きタオルもついていて、何だか得した気分になっちゃいます。
お風呂の方は含重曹-硫黄泉と単純硫黄泉の二種類があるのですが、日によって男女が交代する(後から知った)そうで立ち寄りだと一方にしか入れないんだそうです。 行った日は男湯が単純硫黄泉の方でしたので、こちらを楽しんだ事になります。
内湯は多少大きめのお風呂で、当然の事ながら源泉100%掛け流しの湯です。 お湯の色は若干緑がかった色で、温度はちょうど良い感じになっていました。 お湯の感じはなめらかな感じがするお湯で、身体も温まります。
露天風呂も同じ泉質だそうですが、非常に小さくて二人はいるのは無理かな?という感じのお風呂です。 お湯の量を絞っているせいなのか非常にぬるいお湯ですが、じっくり浸かっていると身体がポカポカしてくるのが判ります。 しばらくすると汗が噴き出してくるくらい暖まりました。
帰り際に若旦那・若女将(ホームページの写真と同じだ!)と話をしましたが大変優しい感じがするお二人でした。 何となく、次は泊まってみようかな?という気になります。
日帰り入浴のみの利用なので★は付けませんが、大変良いお湯・雰囲気でした。
(写真の説明)
建物の正面です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です