他人のAirTagは連絡先に登録した場所に着かないと通知が来ない【追記あり】


2021年4月30日から発売されたAppleのAirTagですが、私も調達して各種検証をしています。

取り敢えず、家族のiPhone(AppleIDが私とは異なる)に紐付けして、家族が不在の時に持ち歩いたらどうなるかの検証をしました。

1. 30分程度AirTagと共に外を歩いて通知が来るタイミングを見る。

結果、以下のスクショの通り通知は来ました。(iPhoneSE2ndGen.でスクショ)

ただ、通知が来たタイミングは「自宅」に戻ってからでした。これではストーカーに仕込まれたAirTagを自宅に戻る前に検知する事が出来ず、自宅を特定されてしまいます。大変危険だと思います。

2. 2時間程度AirTagと共に外を歩いて通知が来るタイミングを見る。

「途中で止まっている時間がある程度あると通知が来るのかも」という仮説を立てて、歩き始めから30分ほど距離の所で30分程度「自宅とは離れた場所」で止まってみました。

残念ながら、そのタイミングでは通知は全く来ませんでした。前回と同様に「自宅」に戻る直前に通知が来ました。スクショは以下の通りです。(iPhone12Proでスクショ)

ここから判るのは、一定の時間が経過すれば通知が来るとか、一定の時間止まれば通知が来るとか言うものではない事です。どうも、条件は「自宅」が鍵になっているみたいです。

3. 連絡先の自宅を別の場所に設定する。

「マップ上の自宅の場所と関係あるのでは?」と仮説を立てて、マップ上の自宅の位置を全く別の場所に設定(連絡先でマイカードの自宅住所を変更)し、その場所に行ってみました。

自宅とは遠く離れた場所なので晒しますが、こんな場所に自宅として住所を登録してみました。ちなみに、本当の自宅は試しに「勤務先」として登録してみました。で、「自宅」に到着すると通知が来ました。(iPhone12Proでスクショ)

って事で、仮説は正解でした。マップ上の「自宅」に着くと通知が来るみたいです。

ちなみに「勤務先」でも通知が来ました。さすがに本当の自宅なのでモザイクをガッツリ掛けてますけど。(iPhoneSE2ndGen.でスクショ)

という事で、連絡先に登録した場所に近づいた段階で他人のAirTagの存在を通知してくれるようです。ちなみに、連絡先に何も登録していない状態だと過去の滞在履歴からSiriがサジェストして「自宅」としてマップに出してしまうようなのでダメっぽいです。これについては、後日、追加検証してみます。

【結論】

知らぬ間に持たされたAirTagの存在通知は連絡先のマイカードに住所を登録した所に着いた時に通知が来るので、自宅からある程度離れた所を登録して自宅に戻る前に毎回そこに寄れば自宅特定を回避できそうです。

検証は今後も続けます。

追記(2021/05/14)

連絡先のマイカードから住所をすべて削除して、他人のAirTagを持った状態で自宅から6km(2時間)ほど歩いてみました。

結果、通知は一切来ませんでした。自宅は勿論の事、自宅から離れた所で一定時間滞留しても通知は来ませんでした。もちろん、移動中も通知は来ませんでした。

【最終結論】

連絡先のマイカードに自宅から離れた場所の住所を登録し、帰宅前にその付近を通るようにしないと「ストーカーに持たされたAirTagの存在を知る事が出来ないまま自宅を特定される」事になります。

Appleは要改善ですね。非常に危険なツールです。

追記(2021/05/15)

前回の追記をしてから数時間後に通知が来ました。

自宅に到着したのが16時ちょっと過ぎ。通知が来たのがスクショを撮ったタイミングなので、一定の場所に滞留してから約6時間後に通知が来た事になります。これでは完全に自宅の特定がされてしまってますね。

せめて「最初に所持が確認されてから30分程度」で通知が来ないとストーカー対策にはなりません。なんなら10分程度まで縮めても良いかもしれません。

ちなみに「AirTagにアクセスできません」が出ているのは、次の検証のために金属缶の中にAirTagを封印しているからです。

「AirTagにアクセスできません」が出たのは「サウンドを再生」させようとしたからであって、単に金属缶の中に封印したからではありません。念の為。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です