生後最大の地震を経験しました(北海道胆振東部地震)


2018年9月6日 3時08分。

北海道を巨大な地震が襲いました。しかも、200万都市札幌からはそれほど遠くない場所を震源として。それこそ、生まれてから初めて経験する巨大地震です。

ちょうどベッドに入って眠りにつこうとしたところで、その地震が襲いました。縦揺れを感じた段階では震度3くらいかな?と思いましたが、それからまもなく激しい横揺れが襲いました。正直、怖かったです。一瞬ですが「死」という文字が頭を横切りました。それでも、寝室内は被害が殆どなかったので、そのまま眠りにつこうとしたところで家人に起こされました。事情をよく掴めないまま起き上がり他の部屋を見るとキッチンには食器が散乱して割れていて、仕事部屋は積んでいた書類や本などが崩れ落ちていました。

最寄りの観測地点では震度4を記録したようですが、体感的には震度5弱くらいはあったのかと思いますし、SNSでこの写真を見た方は震度5強はあったのではないかとも言ってくれました。とにかくそのくらい大きな地震でした。そして、被害状況を調べている間に停電に。この時はブラックアウトが発生して長期に渡って停電が回復しないとは想像もしていませんでした。取り敢えず、御客様からの緊急対応要請にも応えられるように、機材を寝室に集めて活動拠点を作りました。あとは、夜が明けるまで動けないのでラジオ(Radiko)での情報収集です。家人は勤務先へ緊急出動しました。

ちなみに、マンション住まいなので電気が止まると水道も止まるんですよね。ポンプを使って配水しているためなんですが。ただ幸いなことに、ミネラルウォーターは毎月箱買いしていて丁度箱を開けたばかりだったので充分ありますし、食料もカップ麺が大量にあるため当面は困りません。そこで、冷凍冷蔵庫には一切手を着けずに温度上昇を可能な限り抑える作戦に出ました。速やかな電力回復を願って。困るのはトイレですが、可能な限り我慢する作戦を取りました。また、我慢できなくて小をしたあとは流せるだけの水がないのでアルコールを拭きかけて臭いを抑えることにしました。大は?なんとかなるかな?って感じです。

そんな感じで長い一日が始まりました…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です