マーケットの反応


民主党政権が現実のものとなった衆議院議員選挙明けのマーケットの反応ですが、外為市場では円が買われて円高が進行したことから期待ムードとなっているみたいです。 株式市場でも日経平均株価は一時年初来高値を付けたことから、選挙結果を好感したと見ることができそうです。 ただ、円高進行から輸出関連株が売られて終値は先日の終値よりも下げて終わっています。
まぁ、全体的に見ると「迷走自公連立政権からの離脱」と「実質的には初の政権交代」という点を、マーケットは期待を持って受け入れたと考えて良いでしょう。 これからの民主党政権に注目です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です