とりあえず受付


不動産の相続登記に関しては、必要書類を揃えて法務局へ手続きに行きました。 相談窓口があるので、そこでチェックして貰ってOKがでたので、収入印紙で登録免許税(意味不明な税金だな)を納めて、受付窓口に出して終了。 次回の休みの時に母と二人で登記識別情報なるものを受け取りに行きます。 あとは、法務局から(問題発生の)電話がない事を祈るだけ。
銀行の方は20分くらいかかったかな。 基本的に受付自体は必要な書類を揃えていったのでサックリといったのだが、実際の解約手続きと口座の移転に時間がかかった。 ここで判った事は、銀行の場合は戸籍謄本などの公的書類に関してはコピーを取ったあとに返却してくれると言う事。 だったら、最初に言って欲しかったんだけどねぇ。 なので、銀行口座の解約を同時並行で行わないのならば、公的書類は各1部で良いと言う事になる。 ということは、特別な事がない限りは少なくとも故人の戸籍集に関しては不動産用と銀行用の2通あれば事足りると言う事になりますね。
う〜ん、微妙に余計な金を使っちまったか。
さて、あとは母の方で四十九日までに本位牌の手配をするのと、来週の休みの日に登記識別情報なるものを受け取るのと、仏壇を見に行く事かな。 お墓は、一周忌法要の時に納骨する方向で進めるので、ゆっくり決めようと考えています。
それにしても、結局のところ四十九日法要までの間の休みは殆どを手続き関連なんかに使ってしまいましたねぇ。 まぁ、行政書士や司法書士を使わないで自分でやろうとしたのだから仕方のないところなんだけどねぇ。 年金関連の手続きも含めて良い勉強になりましたよ。
あ〜、自分の住宅ローンの手続きを忘れていた〜。 来週早々にこっちもやらねば〜。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です