珍しい人にバッタリ


以前の会社で庶務をしていた派遣の女性と地下鉄の駅でバッタリ。 いや、正確に言うと「地下鉄のドアのところでバッタリ」遭遇。 今日は地下鉄のダイヤが一部乱れていたので、そのせいで遭遇したのだが… 地下鉄が停止すると同時にドアの外を見ると「見た事ある人がいるなぁ…」と思ったんだが、向こうも気付いたようでドアが開き降りる時に一言挨拶。
そういえば、彼女が前の会社に来てから、もう3年以上経つんだねぇ。 今は職場が反対方向らしいのだけは判った。 だって、以前の会社と逆方向の列車に乗ろうとしていたからね。
そうそう、先週の火曜日にも以前の会社の人とバッタリ遭遇したんだよな。 今の会社で用事を済ませてから、徒歩で帰る途中で偶然に遭遇。 昔々、生放送の最中(正確には90秒のCMの最中)に、大げんかしたプロデューサー。 「何で辞めたのかは判らないけど、無理するなよ。」と一声かけられた。 相変わらず忙しい方で、携帯に電話がかかってきたので一言だけになってしまったが、嬉しかったな。
意外に、身近にいた人達の方が退職後に速攻で縁が切れたような気がする。 何なのだろうか…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です