マーケットは反応薄


先ほどブッシュ米大統領が会見して、正式に2500億ドルの公的資金注入を発表しました。 また、日本銀行はドル資金の無制限供給(担保の範囲内)を発表しています。 これらのニュースを受けてNYダウ30種平均は400ドル以上の上昇を見せましたが、企業決算の発表などを受け下落に転じています。 実体経済への影響を懸念した売りが出ているようです。
やはり、マーケットの反応は「これからどうなる」よりも「現在どうなのか」の方へ強く反応してしまうようです。 明日の日経平均は調整に入りそうな感じですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です